2016年5月8日日曜日

デキる奴がやっていて、フツーの人はやらないこと

というとエンジニアなんだからコピー機も直せるでしょ!


ではなく思い浮かぶものは次の通り。
1.筋トレ
2.英語
3.資産運用(株、不動産投資)


1の筋トレは日本でも最近増えてきた気がするが、北米に居た頃はかなりの確率で
デキるコンサル、起業家、あるいはその卵たちは皆マッチョであったり
少なくともfit(=痩せた/引き締まった身体)していた。
運動を習慣付けるとアタマも回るようになるし、食事も健康的なモノを
求めるようになるらしい。
何より人は結局のところ見た目が99%だと経験的に知っているので
筋トレをしない手はない。

2の英語は日本特有。英語くらいは出来なくては、と言われ始めて10年?
いや20年どころか、なんなら50年くらい経っているのではないだろうか。
(そんな昔に自分は生まれていないけど)
最近では日本の学校や企業でもガイジン教員や上司がいたりして
留学や海外転勤をしなくても英語を使う機会は増えている。
とはいえ、日本に居るガイジンはニホンジンに慣れているので、
そういう外国人とちょっと意思疎通が出来た(と思い込んでいる)程度では
ちょっと心もとない。
メール一つロクに書けない(本人は書けているつもりのヤバイ英語)
返信内容は他人に翻訳させる、会議では口を開かず、ガイジンがいなくなった途端に
威勢よくベラベラ話すオジサン、彼らは良い反面教師。
まだまだ英語がきちんとできる「だけ」でも相当な価値があると思う。

はバブル期のトラウマから一切関わろうとしない人もいるのだろうが
現在サラリーマンをやっている人間のウチ、実際にバブルで痛手を負った人間は
そんなにいるのだろうか。
実のところ、なんとなく危ないとか勉強するのが面倒臭いというイメージだけで
何もしないでいる人ばかりなのではないだろうか。
自分の周囲だけを見渡すのは大分偏りがあるが、デキる先輩は
ちゃっかり不動産投資や株式投資をやっている人が多い。
リスクマネージメントというのはリスクをゼロにすることではなく
リスクとリターンのバランスを鑑みて、自分にあった「程度」のリスクに抑えること。
少なくとも自分には、銀行にただ貯金しているだけというのは
ちょっとバランスが悪いかなと感じている。
とはいえ、不動産投資は実際にマンションやアパートを下見するのが面倒だし
長期的な投資が基本姿勢である。
もっと短期的に運用益で稼ぎたい。

というわけで株、始めました。
といってもいきなり巨額を突っ込むのは怖いので、
一万円で単位未満株を買い、実際に株価が上がったり下がったりする様子を
「自分事」として感じながら世にあふれる指標や情報を読むという習慣を
まずはOJT的に身につけていこうと考えている。

2016年5月6日(金)に購入。現在−14円。

0 件のコメント:

コメントを投稿