2016年5月14日土曜日

株初心者のブログその3

━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!

前回は単位未満株でお試しということだったが、これには一つ重大な欠点がある。

自由に売れない!

つまり、保有株が大きく下落しているのを目の当たりにしながらも
ロスカットすらままならないのである。
具体的には下記のよう(SBI証券の場合)


つまり、前場の始値もしくは後場の始値でしか売り買いできない。
特に注文時間の10:30〜に注目していただきたいのだが
これでは「前場の様子を見て後場の始値で売る」ということが出来ない。
後場で大引け(後場の最後に売られて終わる)した場合、
夜間の時間外取引で上がる場合もあれば下がる場合もあり
いずれにせよ売るということは決めていても、前場か後場かの判断は難しい。
(予約の売り注文を21:30の前にするか後にするかで決められる)

加えてもう一つ、売る時間だけでなく、値段も指値ができない。
成り行きでしか売れないのである。


そういうわけで、様子見の練習とか言っておきながら
せめて単位株は買うというふうに方針変更。
大抵100株からなので、安い株なら2万もあれば買えるのだが
2000円前後の株の方が出来高が大きい(=取引が活発で値がよく動く)。
しかも一つだけではリスクが大きいと考え、早々に50万円を投入してみた。
 → 2000円くらいの(自分にとっては)大型株2種類 + 200円前後の株5種類
 = 7種類、50万円


その結果の一つがトップ画像である。
続きはまた次回。

現在勉強している本
いちばんカンタン!株の超入門書 改訂版

0 件のコメント:

コメントを投稿