2017年1月26日木曜日

今年もとい去年を振り返る

さて、続くとか言いながらもうほとんど2月ですが、続きです。
(こんな調子でこのブログは全然投稿が続かない。これでも以前は10年近く
シコシコとブログをやっていたんですけどね。アーリーアダプターすぎて
世間で流行ってくると辞めちゃったり、そういう天邪鬼気質のせいも多少
ありますが、やっぱり家族ができると、っていう平凡な理由ですはい。)

給料が減ってでも転職する理由、それはズバリ自身のスキルセットを以って
将来より伸びるであろう業界/業種へのシフト、です。
前職はかなり給与水準が高い業界でしたが、
私のスキルでもって担当する業種というのは
かなりハイクオリティな人材でないと務まらない一方、
それでもコモディティ化が避けられないと考えました。
(中国、インド、ロシア等のエリートあるいはAIによる代替えも有り得る)
いよいよ業界内で煮詰まってきてからの転職活動では、
上記の通りエリートだらけの中途採用大会となるわけです。
年齢的にも(アラサーなう)正直なところ未経験業種への転職は
高学歴で35才(かつ海外MBAホルダーなど)が限界ではないか、と思ったわけです。

だったら、
業界をまるっと変えて早めに転職した方が
かつての仲間たちと椅子取りゲームになることもなく
転職先ではそれなりに優秀かつユニークな人間が参入するという
誰も損をしない選択になる、と思ったのでした。

現職はその道では世界◯位(年による変動はあれど、順位を言うと特定コワイ)
の大企業で、業務では日本語英語入り乱れてます。
給料が下がるなどしていますので、いくらかお金以外の価値で
自身(と家族)を納得させる要因が欲しいですよね。
正直私は前職に就職するはるか前から英語ペラペラだったので
いまさら「英語を使った仕事がしたいです(キラキラ」みたいなフェイズには居ないのですが
それでも時折ふとグローバルを感じたりして
あるいは職場の飲み友達が海外トップスクール出身だったりして(しかし給料安い)
アホなプライドや見栄だと分かっては居ますが
楽しさややりがいを感じたりしています。

昇給ラダーは不明ですが、特に生活に困るレベルでもなく
なにより給料が減った以上に労働時間が減ったので
のんびり働こうかと考えています。

そういう転職も悪くないです。

0 件のコメント:

コメントを投稿